30代女性は結婚相手を直感で選んではいけない!正しい判断基準

30代女性に限らず女性が結婚相手を求める時に間違える判断があります。

それは完成度が高い素敵な男性と、もうひとつはときめくを感じる男性といった直感で相手を求めることです。

30代女性がこの条件を満たす相手を求めるが故に婚活が長引き婚期を逃してしまうことに。

最終的には、どこにも素敵な良い男性がいないと結婚自体を諦めてしまう結果になる女性もいます。

なので、今回は30代女性が結婚相手を選ぶ正しい判断基準を紹介します。

 

素敵で完成された男性はすでに人のもの

30代女性に限らず女性は初めから完成された男性を求める傾向が多く見受けられます。

ですが、最初から完成された男性は非常に稀な存在なので、この男性を探すのは広い砂浜で小さな宝石を探すようなもの。

そして完成系と思われる男性も初めから何でも出来たわけじゃなく、全然素敵じゃなかったんです。

女性が喜ぶ美味しいお店を知らない

 

車を持っていないor持っててもダサい

 

服のセンスがない

 

話下手で沈黙だらけ

 

女性のエスコートなんて持っての他

このように完成系男性も最初は出来ないことが多く、ある人の存在で完成系へと磨かれ今輝いているわけです。

宝石と呼ばれる原石も最初の見た目はただの石ころで、磨かないと光りません。

では、完成系男性を磨いたのは誰でしょうか?

それはその男性のパートナーである奥さんです。

あなたの職場にいる素敵な男性は既婚者であることが多いですよね。

磨かれ輝いている完成系男性の裏には、その人の奥さんの影響力があるのです。

上記にあった出来ないことも、その女性が男性を信頼し服のセンスや女性のエスコートの仕方を伝えていったことで完成系へと磨かれています。

もっと細かく言えばその奥さん好みの男性へと磨かれているので、夫婦関係は大変良好なものです。

なので、あなたもこの完成系男性へと磨きをかけた奥さんのような人になってください。

求める男性は完成系ではなく、磨けば光る男性です。

 

ときめきや一目惚れの正体は性的な欲求

ひとめぼれの正体って何なの?と一目惚れの正体を研究した最新の結果があります。

一目惚れのと聞くと、「運命を感じたから一目惚れをした」なんて胸がキュンとする映画のような現象を思い浮かべる方も多いと思います。

結論から言いますと、一目惚れは恋心でもましてや運命でもない

ただの肉欲。(笑)

その人と性的な関係を持ちたいと本能が感じただけとういう、なんとも夢を壊すようなシュールな結果です。

よく、お互い一目惚れをしたから結婚に繋がったというカップルもいますが、

実は・・・そういうことなんですね(笑)

 

短期的な関係だけを求める恋人選びなら、一目惚れやときめきを重視して相手を選んでも構いません。

何十年と長期的に良好な関係を築く結婚相手として選ぶには、一目惚れやときめきは適さない判断基準です。

なぜなら、一目惚れやときめきを感じるとあなたの脳内で大量のドーパミンが発生します。

ドーパミンは、『快感・興奮・幸福感』を味わえるメリットがありますが、デメリットは冷静な判断が出来なくなること。

結婚相手は相手の良いところと悪いところ両方を含めて判断しなければなりませんが、ドーパミンが大量に発生すると悪いところが見えづらくなるのです。

ドーパミン有効期限
ドーパミンは特定した1つの対象物に対して発生できる期間は約3年と限りがあります。

特定した1つの対象物とは、ここでは一目惚れやときめきを感じた相手のことになります。

一目惚れやときめきに任せて結婚し、出会って3年するころにはドーパミンの放出がなくなり、今まで隠れて見えなかったその人の悪いところばかりが目に付くようになるのです。

それでも、お互いの存在を尊重し、相手を思いやる関係であれば問題ないのですが、まぁ勢いに任せた相手なので難しいですね。

女性が結婚相手を求める正しい判断とは

完成系男性を求めるのではなく、磨けば光る男性を求める

一目惚れやときめきを感じるかで男性を求めない

この2つを基準にして、相手を求めれば早々に見つかりますし婚期が遅れることもないでしょう。

是非参考にしてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です