誤解しない・誤解されない!男性と女性で違う3つの怒るポイント

婚活の場だけでなく、男性と女性の間では感じ方が違うために誤解したり、誤解されたりして起こるすれ違いや衝突が時々発生します。

このすれ違いや衝突が原因でお互いの信頼関係に亀裂が入り、最悪お別れしてしまうことに。

男性と女性は、同じ人間ではありますが、DNAに組み込まれた遺伝子が違うため別の生き物です。

男女の違いを知り受け入れることで、無用なトラブルを回避することができます

今回は、男性と女性との間で知らないが故に起きてしまうすれ違いや衝突を3つ紹介しますね。

知らなきゃ損!男女で違う3つの怒るポイント

 

①疲れている時

男性は『そっとしておいて欲しい』と願います。

これは何故かというと、そっとしてもらわないとイライラして当たってしまうことを自覚しているからなんです。

当たってしまう無様な自分を見せたくない男のプライドと言えるかもしれません。

女性は男性とは逆で『かまって欲しいし慰めて欲しい』と願います。

太古の昔から女性は、群れの中で生活してきため人と話たり接したりすることで安心するからなんです。

全く逆の性質を持っているのに、知らないことで相手に「して欲しくないこと」をしてしまうのですね。

男性は彼女が疲れている姿を見て、自分が疲れている時はそっとしておいて欲しいからそっとしてしまう。

女性は彼が疲れている姿を見て、自分が疲れている時はかまって欲しいからかまってしまう。

良かれと思ってやったのに意味も分からず怒られてしまうと、ケンカになってしまいます。

『違いを知らない』から起きる悲しい出来事です。

②時間に遅れた時

性は、どんな理由があれど時間に遅れたことに怒ります。

性は、遅れた理由が「気の緩み」等デートを大事にしていない姿勢に怒ります。

なので、女性は余裕を持って家を出るなど時間厳守で行動しましょう。

もし遅れた時は「そんな小さいことでとか、電車が遅れてどうしようもなかったのに怒るなんて・・・」と思わずにただ謝りまることが無難です。

男性は、とにかくデートを大事にする姿勢を忘れないこと!これに尽きます。

 

③落ち込んでいる時

男性は、いつまでもうじうじと悩んでしまうことが多いです。

女性は、気持ちを切り替え立ち直りが早い傾向にあります。

なので、男性は本当に大丈夫なのかおどおどと心配してしまいますが、彼女の立ち直りを信じて飲みに行くなどとことん付き合ってあげましょう。

女性は、こういう時こそそっと寄りそって男性を励まし慰めてあげましょう。

女性としては、男性にはいつも強くあって欲しいという思いから『落ち込んでいる男性』を見ると怒りを覚えてしまいますが、怒れば逆効果です。

 

大切なのは男女の違いを受け入れること

 

男と女は違う生き物だと知り、違いを受け入れることが何より大事なことです。

私も含め、男女の違いを教わることもなく生活してきました。

婚活をスムーズに成婚までたどり着き、その後の結婚生活を楽しく過ごすためにも男女の違いを知り受け入れることは重要なことなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です