婚活アプリで男性へ送るメッセージで交際・結婚に発展する3つのテク

婚活アプリにおいて、メッセージのやりとりは今後の二人をうらなう大切なツールです。

いくらあなたが素敵な女性であっても、メッセージのやりとりが上手く続かなくては素敵な男性と出会えるものも出会えません

メッセージのやり取り次第で進展具合に大きくかかわるほど重要なことです。

このメッセージのやり取りには交際・結婚に発展する3つのテクニックがあります。

テクニックを有効に活用して婚活アプリから結婚へ結び付けていくようにしましょう。

 

まずは、覚えておこう!婚活男性に嫌われるNGなメール

 

出会えた男性が素敵な人やタイプの人だったりすると、その彼のことをもっと知りたくなりますよね。

 

ですが、ついつい我を忘れて自分本位なメールを送り、男性に嫌われてしまってはあとの祭りです。

 

大人の女性として、自制心を持って相手の男性に接しましょう。

 

1.婚活男性の年収や学歴を聞く

 

婚活アプリには、結婚を目的としているため男性のプロフ欄に年収や学歴も記載されています。

 

それらは男性にとって婚活を有利に進めていくためのアピールポイントになります。

 

しかし、男性の年収や学歴が魅力的でも、女性自ら聞くのはNGです。

 

特に年収の多い男性ほど、「俺自身よりも、俺の年収が目当ての女性がいるかも?」と警戒しています。

 

なので、まだ交際もしていないのに年収を聞いてくる女性を嫌う傾向にあるので注意しましょう。

 

2.女性の自虐ネタは嫌われる

 

よく女性は自分のコンプレックスを男性に話したがります。

 

それを言うことで、「だから、分かってね」と許して欲しいのでしょうか?

 

彼氏や旦那さんなら聞いてあげるのが役目でもありますが、まだお付き合いもしていない男性に話すのは酷です。

 

自虐ネタを披露するのは、相手の男性と仲が深まってからにしましょう。

 

それに男性の方は、女性から自虐ネタを聞かされてもどう返していいか困ります。

 

あなたは結婚相手として気になる男性を困らせたいのでしょうか?

 

これから、一生を共にするパートナーになるかもしれない人です。

 

コンプレックスは前フリ程度にして、「こういうことが得意なんです」とかにしましょう。

 

男性に「この女性と一緒にいると明るくなれる」と思われる女性になることが先決です。

 

3.メールの頻度が多い、もしくは遅すぎるのはダメ

男性は女性からのメールをひとつひとつ考えて送っています。

やっとひとつ返せたと思った矢先に、秒速で返ってきたらゲンナリして疲れてしまうこともあります。

また、ところかまわずメールを送るのも控えた方がいいです。

 

それとは逆に返事が2~3日後とか、相手の男性にとって失礼すぎる態度になります。

結婚相手として見られなくなるので注意しましょう。

相手の都合も考えた大人の女性といえる行動をとることも婚活には大切です。

 

4.ハートマークの多様と派手な顔文字は控える

 

ハートマークを多様に使うと、男性からサクラかネカマと思われてしまいます。

また、派手な顔文字を使うのも、幼稚な人だと思われ結婚相手として除外されるかもしれません。

シンプルで丁寧な品のある言葉を選びましょう。

 

男性に結婚相手として見てもらう3つのテク

 

婚活中の男性が嫌うNGなメールを理解したら、いよいよ結婚相手として見てもらうためのテクニックを覚えましょう。

ただ、テクニックの先には「相手を思いやる気持ち」が無いと伝わるものも伝わりません。

テクニックだけに頼らず、相手を大切に思いやる事が何よりも大事なことなので忘れないでくださいね。

 

☆男性の良き理解者であること

 

男性であれ女性であれ、「自分のことを良く理解してくれる相手」には、特別な存在になります。

 

それに良き理解者になると、相手から心も許してもらえるので、気になる男性の好きなものや性格、考え方などをメールの会話からさりげなく引き出しておきましょう。

 

「確かこれ好きでしたよね」などが話せるようになってくると、男性は「俺のことを理解しようとしてくれている」とあなたに対して良い印象を抱きます。

 

ただし、行き過ぎた態度となる

 

「あなたのことは何でも分かっている、私。」

どやっ!!

をアピールすると男性から完全に引かれてしまいますので注意しましょう。

 

あくまでも『さりげなく』が大切です。

 

☆とっても大切な気遣いと優しさ

 

男性に好かれたい、結婚相手として見てもらいたいなら媚を売れと言ってるわけではありません。

 

その男性を大切に思うなら、いつも相手を気遣える優しさを忘れてしまわないことが大切なんです。

 

これは結婚後も大切なことなので覚えておきましょう。

 

女性が話を聞いて欲しいと求めるのと同じように、男性は女性に母性を求めます

 

これをつい毎日の生活に追われて無下に断ると、あなたへの思いが一気になくなり他の女性に行ってしまう可能性が高くなります。

 

人間ですので、疲れているときもあります。

 

ですが、断るときも相手を気遣った断り方をすること。

 

『親しき中にも礼儀あり』です。

 

☆尊敬と感謝の気持ちを伝える

 

相手を敬う気持ちは結婚生活に置いても大切なことです。

 

この気持ちがなくなると(見えなくなると)傲慢な人間になってしまいます。

 

あなたが男性を敬えば、男性もあなたのことを自然と敬うようになります。

 

こうしたお互いを思いやる二人だけの特別な関係が、お互いにとって居心地の良い場所を生み出していくわけです。

 

また、どんな些細なことでも感謝の気持ちを「ありがとう」と言葉にして伝えましょう。

 

こうしたあなたの姿勢が、男性にとって安らげる存在となり、結婚後の生活をイメージしやすくなりますよ。

 

メールは相手に読んでもらうためのもの

 

テクニックとは、相手を思いやる気持ちが無ければ、ただの表面的なものになってしまいます。

 

表面的な関係は、もろく崩れやすいため、ちょっとしたトラブルで二人の関係は終わってしまいます。

 

今回のテクニックは、その先にある相手と気持ちを通わすための有効なツールだと思い、活用してくださいね。

▶30代でも十分に結婚相手を探せるアプリ!ウィズの特長を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です