最新!2018。女性の結婚適齢期は何歳がベスト?

女性なら一度は友人と「20代のうちに結婚したいよねー」なんて会話もしたことがあると思います。

しかし結婚する平均年齢が高くなってきた現代、2018年になっても晩婚化の傾向は進んでいます。

 

 

平成27年の平均初婚年齢は厚生労働省の発表によると、女性が29.0歳、男性が30.7歳。

平均初婚年齢が一番高い都道府県は男女ともに東京都で、女性が30.1歳、男性が31.9歳です。

 

 

男女ともに30歳という年齢を超えているのが今の特徴。

気持ちでもは何歳までに結婚したいと思っていも取り巻く環境によって変わってきます。

 

 

では、女性の結婚適齢期はいつがベストなのでしょうか?

リアルな現状、仕事や出産から考える本音、本当に男性は若い女性が良いのか調べてみました。

 

 

結婚したいと思った時が女性の結婚適齢期

 

 

よく男性は若い子が好きと思われがちですが、結婚となるとちゃんと相手を見ています。

なので、あなたが今どんな年齢であっても結婚したいと思ったらその時が適齢期です。

 

ですが、出産をしたいとなればなるべく早くに結婚した方が良いかもしれません。

卵巣は20代後半で機能がピークに達し、その後徐々に衰えていきます。

機能が衰えると、先天性異常といった門外が胎児に影響する恐れが高くなります。

 

 

医療が進歩して出産のリスクは昔より減りましたが、胎児の環境を守るのはあなた自身です。

もし、あなたが30代後半で出産を望んでいるなら、運動をし食生活を改善して胎児の過ごしやすい環境を整えておきましょう。

 

 

あなたの体を借りて生まれてくる赤ちゃんが過ごしやすくするためにはどうすれば良いか?自分自身で調べてみてください。

自ら率先して学んんだものは、頭にも入りやすく実行に移しやすいですからね。

 

 

結婚後も、バリバリ働きたいならある程度遅くても大丈夫かもしれません。

ただ、お互い忙しくなるとすれ違いも多くなりので、特に話し合う時間は必要です。

今後の家族計画も含めて2人でしっかり話し合いましょう。

年齢を気にする前に、女性として人として自分自身を気にした方が良いですね。

 

結婚適齢期を気にするよりも大事なこと

 

また、いくら結婚適齢期だとしても、男性側から相手としてNGな人と決められて可能性もあります。

 

例としては、

 

食事中の最低限のマナーが出来ていない。

 

自分の感情をコントロールできない。

 

自分勝手で相手のことを思いやれない。

 

スリルを求めることに喜びを感じる人。

 

どんなことも損得で考える人。

 

あまりにもだらしがない人。

 

自分は絶対に正しいと信じていて相手にも押し付ける人。

 

 

こういう人が男性にいたら、あなたも結婚相手としてNGを出すと思います。

年齢がどうこう言う前に、自分が未熟であることを知り成熟しようとする姿勢でありていですね。

 

30代女性が婚活で上手くいく方法はこちら⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です