婚活で上手くいく方法は会話術を身に着けることがモテの極意。

婚活で出会った相手と上手くいくには、会話のテクニックが必要です。

 

お見合いパーティーにせよ、マッチングアプリでのメッセージのやり取りは会話がなくては成立しません。

 

トークを楽しいものにすることで、相手が好意を持ち結婚に繋がるので、会話力は重要です。

 

ですが会話力を上げたり、会話術を身に着けるのはとても難しいように思えますよね。

 

今回は、簡単な方法で会話術を身につける方法を紹介します。

 

身に着けた会話術で、婚活パーティー・マッチングアプリで良い出会いを掴んでくださいね。

 

婚活プロフィールで禁句な言葉

婚活している人は「人見知りではない」というのははあまり聞きません。

 

人見知りの男女の方が、多いような感じがします。

 

むしろ、人見知りだからこそ、今まで出会いがあっても上手く結べなかった可能性がありますよね。

 

ですが、婚活で自分をアピールするのに最も禁句なのが・・・

 

「人見知り」というワード。

 

この人見知りをアピールすることで、あなたをますます人見知りな人間にしてしまいます。

 

さらに人見知りをアピールすることで、相手に「私は人見知りだからコミュニケーションが苦手なんです」と許してもらおうとしてるのです。

 

自分から動こうとしないのと同じなので、積極性がないと相手には伝わってしまいます。

 

せっかく出会いの場にいるのに、今までと同じスタイルでは上手くいくものも上手くいきませんよ。

 

 

人見知りをなくして、婚活を上手くいかせるには

では、どうしたら人見知りが簡単に克服できるのでしょうか?

 

それには、まずあなたのことをあなた自身が気にするの努力をやめることです。

 

積極的に交流したことないのに、やったこともない努力を始めるのは難しいこと。

 

それよりも、今まで人見知りになるためにやってきた努力なら、あなた自身が一番知っているはずです。

 

・人からどう思われるか気にする努力

 

・人と関わらないことで自分を傷つけないよう守る努力

 

・コミュニケーション能力が低いから他人に嫌われると決めつける努力

 

・自分は性格が暗いからダメだと決めつける努力

 

他にも、人見知りになるために様々な努力をしてきたと思います。

 

人と話す前や話しているときに、

 

「ふとあなたが今何を思っているか感じること」で、

 

人見知りをしている努力に気付けます。

 

人見知りをしている努力に気付いたら、すぐにその場でやめてみてください。

 

相手に敬意を払い、興味を持って接する

人見知りのほとんどが、自分のことばかりを気にすることです。

 

自分を気にするあまり、失敗したらどうしようと不安になるのです。

 

そして、失敗するくらいなら何もしな方がマシと決めつけ、相手との会話が上手くいきません。

 

この今まで自分に向けていた関心を、相手に向けてみてください

 

すると、自分を気にしていた不安や恐れがフッと消滅します。

 

代わりに、今目の前で話している相手に対して、感謝と敬意の気持ちがわいてくるでしょう。

 

相手に興味を持って接すれば、話さなきゃと力むこともなくなり自然と会話も盛り上がりますよ。

 

合わせ読みたい!こちらの記事もオススメです。

これから婚活で出会う前に覚えておきたい人に好かれる話し方3つのコツ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です