「なぜかモテる女性」の告白される3つの習慣

婚活をしていると、なんとなく自分に好意や興味を持ってくれている男性が現れます。

 

なのに、告白どころか連絡先さえも聞いてこないことに悩んだ経験はありませんか?

 

特に婚活パーティーでは、大人数の異性が集まる中で誰が誰に好意を持っているかわかります。

 

その中で、連絡先を聞いてもらえる女性もいるのに、脈ありの男性から自分だけなぜかその日限りで終わってしまうことも。

 

相手がたまたま内気な男性だった場合もありますが、実は女性のあなたにも原因があるかもしれません。

 

そこで今回は、脈ありの男性からスムーズに連絡先を聞かれるモテる女性が無意識にやってる3つの習慣を学びましょう。

 

1.謙虚であること

謙虚な女性は自分からガンガンモテるための行動に出ないのに、なぜか男性からアプローチされます。

 

男性は好意を寄せる女性が謙虚であると、安心感と守ってあげたい気持ちになり自然とアプローチしてしまうのです。

 

男性だって同じ人間ですので、傷つくのを恐れています。

 

いくら綺麗で可愛くても「お高くとまってる」プライドの高そうな女性に果敢に挑むことはしません。

 

あなたにお高くとまってるつもりはなくても、今までの自分を振り返ってみましょう。

 

反省すべき点が見つかり、心を入れ替え謙虚な姿勢になるだけで今までが嘘のように上手く周りだすかもしれませんよ。

 

2.今を生きている

よく出会ったばかりの男性に、自分の過去の恋愛を暴露してしまう女性がいます。

 

慰めて欲しい気持ちと、これからは酷い恋愛ではなく素敵な恋愛にしたい!という気持ちはわかりますが、男性からしてみれば女性の過去の恋愛は聞きたくないものです。

 

「今まで付き合った男性と比べられるかも・・・」と不安になりますし、過去を清算していない女性とは距離を置きたくなります。

 

それよりも、今これから出会う人と愛を育くもうと【前を向いてる】女性に男性は結婚相手として惹かれるものです。

 

過去に起こった苦しい恋愛の出来事は、もっと仲が深まり話せる時が自然と来ますし、話さなくても良いすっきりと清算した状態になります。

 

3.男性を男性として接する

男性のことをつい可愛いと言ってしまうクセはありませんか?

 

あなたは誉めているつもりでも、多くの男性は女性に可愛いと言われると恋愛対象ではないんだなと感じてしまいます

 

自分のことを恋愛対象として見ていない女性に連絡先を聞かれないのは納得できます。

 

男性を可愛いと思っても口に出さないようにしましょう。

 

それよりも、男性は男としての逞しさや紳士な面を誉めてもらうとあなたのことを意識しますので、アプローチされやすいですよ。

 

 

【モテる女性は男性を受け入れる心構えを持っている】

 

男性も最初から断られると感じている女性にアタックしません。

 

男だったら当たって砕けろ!という意気込みを持って欲しいと思うかもしれませんが、砕けてしまったら立ち直るのに時間がかかるのも男性の特徴です。

 

男性はダメかもしれない女性にアタックするよりも、心を許せる女性にアプローチしてダメなら仕方ないと次の出会いに向けて修正し頑張る生き物。

 

せっかくあなたに好意を持ってくれているので、チャンスを活かせるようにしましょう。

 

脈ありの男性がアプローチしやすい雰囲気を作るのも大人の女性に必要な要素です。

アラサーになり結婚したい女性がやる3つのこと

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です