【必見】自分にぴったりの相手を見つけて結婚する方法

婚活をするに当たって重要なのは「誰と結婚するのか」

「どういう人と結婚したいのか」

に切り替える視点を持つこと。

結婚するからには、好きになった人、愛する人を結ばれ結婚したいと誰もが思いますよね。

 

では、その人が性格も含め自分にピッタリな結婚相手として、本当に相性が良いのでしょうか?

ここは重要なポイントです。

 

男性なら夫に、女性なら妻としてタイプなのかイメージしあなたの中で診断する必要があります。

婚活していく中で、どういう人があなたにふさわしい存在なのか明確にしておきましょう。

 

大切にしている価値観が近いこと

夫婦はお互いが同じ方向を向いていないとまとまりません。

 

そこにはお互い大切にしているものが近いことが必須になります。

 

例えば、観光が好きな人と買い物が好きな人が旅行に行くと、どちらも我慢することが増えストレスが溜まるでしょう。

 

パワースポットなど目に見えないものを信じている人と信じていない人が一緒にいるのもなかなか大変です。

 

私の場合は、食べ物を大事にしてるので食事を単なる胃袋を満たすだけの行為として捉える人とは暮らせません。

 

ですが、同じように食事を大切にする人だとお互いの深いところをわかり合えるのです。

 

大切なのは同じことで感動できること【共感】ですね。

 

全部共感して欲しいと言ってるわけではありません。

 

イチイチ「いや それは違う」とか否定されるのは辛いですし、だんだん話すのも嫌になります。

 

自分が大切にしている価値観に共感してくれることが大事なんです。

 

同じ光景を見て、同じ歌を聴いて、ただいいなぁと感じ合えること、分かち合える人は人生をより豊かにしてくれます。

 

 

あたりまえのことをちゃんと果たせる人

人や環境のせいにして、責任逃れをするような人は避けましょう。

 

あなたに苦労を押し付けるだけで、いいことありません。

 

日本人は献身的な人が多いため、相手が本来やるべきことまでも我慢してやる人が多いです。

 

ですが、結婚生活にそういう我慢は必要ありません。

・自分の行動に責任を持つ

 

・言ったことは実行する

 

・義務を果たす

 

・約束は守る

 

・できない約束はしない

当たり前のことをしっかりできる人は、相手を思いやれる人です。

 

悪い方向ばかりに目を向けないこと

ネガティブ思考の人は、問題点ばかりに目を向け一向に解決する姿勢がありません。

 

こちらが解決するために努力しようとしても、「でも」「だって」ばかり。

 

問題が建設的に解決する方向へ向かいない上に、いつまでも同じところをぐるぐるして疲れます。

 

ピンチをチャンスと前向きに捉える人が大事です。

 

こういう人は楽観的なポジティブ思考ではなく、建設的に物事を解決しようします。

 

結婚生活で家庭の問題が発生した時も、乗り越える力も大事です。

 

 

常に自分を磨いていること

 

男が女とか関係なく、人として成長しようと意識している人は魅力的です。

 

 

敬うことができる

 

何か特別な偉業を成し遂げなくても良いのです。

 

相手の生き方や、考え方、人間関係の築き方に触れて尊敬できるかどうか。

 

この人と出会えてる嬉しいと心から思えること。

 

 

気持ちを伝えやすい人

 

より良い夫婦の関係とは、お互いの気持ちや考えていることを伝え合いながら構築してくものです。

 

何を考えているかさっぱり分からない、話しにくい相手では信頼関係も築けません。

 

二人でつくるひとつの世界ができてこそ、信頼という絆ができるのです。

その人といるときの、あなた自身のことは好きですか?

心から安らげる

いちばん好きな自分でいられる

作らなくていい自分

同じ方向を見ている安心感

共に成長できる充足感

どういう人があなたにぴったりなのか見つけるということは、あなたが1番好きな自分を見つけることかもしれません。

また、相手にとってもあなたがぴったりな人であるように、自分自身を高める努力をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です